クラウドサービスに強い社会保険労務士の検索、
相談ができるプラットフォーム「社労士Station」

【特別インタビュー】KING OF TIMEの説明

クラウド勤怠管理システム「KING OF TIME」について、サービス担当者様にお話を伺いました!

システムの強みや、開発で力を入れているところ、既存ユーザーから指示されるご理由など、お答えいただいています。KING OF TIMEを初めて聞くという方はもちろんのこと、すでに検討中の方にもご参考にして頂ける内容です。

ぜひ、ご一読ください。

Q.1 KING OF TIMEならではの強み、特徴を教えてください。

選ばれ続けて18年以上、実績のある勤怠システムです。

KING OF TIMEは、2003年から現在に至るまで多くのユーザー様の多種多様な勤怠業務のご支援をさせていただき改善を重ねてきました。勤怠管理システムを検討中の方は、特に下記の特徴にご注目ください!

  • 複雑な集計業務も自動に。多様な働き方に対応!
    • 変形労働制やフレックスなど複雑な勤務形態も自動集計!
      データの二次加工を行うことなく給与計算に必要なデータが出力できます。
    • 様々な給与計算サービスとAPIまたはCSVで連携させることができ、勤怠管理から給与計算までの流れを効率化できます。
      豊富な打刻手段があり、テレワークや在宅勤務にも適宜対応が可能です。
  • ひとり300円ですべて使える。
    • シフト管理・申請・有給などすべての機能を使っても300円!
      料金形態がシンプルで分かりやすい!
      勤怠だけでなくWEB給与明細発行機能のついた「人事労務」や、勤怠データの可視化が可能な「データ分析」も勤怠の月額料金のみでご利用いただけます。
  • 定期的な無償バージョンアップ。
    • 社会保険労務士監修の元、機能拡充や開発を行っております。
      追加料金無く、最新の機能がご利用いただけます。
      有給休暇5日以上取得義務、時間外労働の上限規制の他、法令遵守に必要な機能を定期的な無償バージョンアップで対応しております。

勤怠でお困りの企業様は、ぜひ一度弊社のシステムの無料体験をお試しください!

Q.2 開発やデザインで注力されていること、気をつけているポイントはありますか?

お客様が日々ご利用される業務システムであるため、ストレスなくご利用いただけるよう「画面表示速度」「シンプルな画面構成を意識したUI、UX」を重視しています!

Q.3 どのようなお悩みをお持ちの企業様が導入しているのでしょうか。

アナログ勤怠管理からの脱却、他システムからのリプレイスと様々なお客様にご相談いただきますが、その中でもアナログからのKING OF TIMEの移行のご相談をよくいただきます!

  • ・年単位の変形労働制を採用しているがうまく集計できているか分からない
  • ・フレックスを導入したいが管理が煩雑になりそう
  • ・アルバイトやパートが多くて時給計算が難しそう
  • ・有給付与タイミングがバラバラで確認作業が手間
  • ・独自休暇が多くて管理するのが大変
  • ・残業の集計ルールや締め日が雇用形態によって異なる

Q.4 導入企業様、労務担当者様からの実際のお声や、エピソードを教えてください。

いくつかご紹介させていただきますので、KING OF TIMEの特徴を掴んでいただけましたら幸いです。

  • 当社では1年単位の変形労働制を採用しています。
    複数のサービスを検討しましたが、当社が求める集計ができたのはKING OF TIMEだけでした。
    変形労働制への労働時間集計への対応の他、当社独自のルールに応じたアラート設定やメール通知機能など多数の豊富な機能があり、適切な残業時間の管理に役立っています。
  • 元々タイムカードで勤怠管理をしていましたが、IPOを検討する中で適切な労働時間の管理を求められていました。当社の営業は20名おり、直行直帰が多いため、タイムカードでは適切な労働管理ができていませんでした。
    当社では、営業にスマートフォンを貸与させており、位置情報を取得して打刻ができるという点と、会社が指定した範囲の中で打刻ができるという二つの点を考慮しているKING OF TIMEが当社のニーズにマッチしていました。
    昨今では、客観的なデータの把握を求められておりますが、KING OF TIMEセキュアログインというWindowsのログを取得し、打刻時間として記録できるサービスも利用させていただいております。

Q.5 KING OF TIMEを特におすすめしたい企業様はありますか?

「タイムカードに限界を感じている・・」

「うちは複雑だから・・・」

最初のハードルが高いと感じられる企業様もいらっしゃるかと思いますが、

ぜひ一度お気軽にご相談ください。

無料体験のご用意もあり、利用人数、機能の制限はなくサポートセンターもご利用いただけます。
ぜひお試しください!

Q.6 最後、KING OF TIMEをご検討中の方にメッセージをお願いします。

KING OF TIMEは、労働法のプロフェッショナルである社労士事務所様から非常に多くの反響をいただいております。また。日々、全国各地の企業様からも多数のお問い合わせを頂戴しています。

2003年から、一貫してお客様の労働時間集計業務の効率化、労働時間可視化を支援してきました。

勤怠管理のシステム化をご検討される際は、ぜひKING OF TIMEを候補の一つとしてご選択下さい。

クラウドサービスの説明一覧へ