クラウドサービスに強い社会保険労務士の検索、
相談ができるプラットフォーム「社労士Station」

【特別インタビュー】クラウド勤怠管理システム ジョブカン勤怠管理

クラウド勤怠管理システム「ジョブカン勤怠管理」について、サービス担当者様にお話を伺いました!

システムの強みや、開発で力を入れているところ、既存ユーザーから指示されるご理由など、お答えいただいています。ジョブカン勤怠管理を初めて聞くという方はもちろんのこと、すでに検討中の方にもご参考にして頂ける内容です。

ぜひ、ご一読ください。


Q.1 ジョブカン勤怠管理ならではの強み、特徴を教えてください。

ジョブカン勤怠管理は、導入実績7万社以上のプロダクトです。

200以上のオプションがありますので、カスタマイズ性が高く、あらゆる業界・企業規模に対応可能なことは大きな特徴です。

シフト管理や休暇管理の機能も備わっていて、さまざまな勤務データを集計できることもご注目いただきたい点です。

Q.2 開発やデザインで注力されていること、気をつけているポイントはありますか?

仮に、専門知識がない方であっても、迷うことなく直感的に操作ができるようなシンプルな画面・設計がポイントです。

また、ジョブカン給与計算などのジョブカンサービス同士のスムーズな連携、法改正への迅速な対応・新機能の実装に注力しています。

Q.3 どのようなお悩みをお持ちの企業様が導入しているのでしょうか。

カスタマイズ性が高いので、幅広く勤怠管理や労務についての課題を解消することができます。

特に、このようなお悩みをお持ちのご担当者様には、ぜひご検討いただきたいです。

・勤務データの手作業での集計に、時間がかかっている

・休暇や残業申請業務を、ペーパーレス化したい

・多拠点であり、また働き方が多様で、管理が煩雑化している

Q.4 導入企業様、労務担当者様からの実際のお声や、エピソードを教えてください。

最近では、このようなお声をいただいております。

また、サイト内において業界別・規模別での事例を公開していますので、ぜひご覧ください。

https://jobcan.ne.jp/cases?_fsi=b2zJkJPG

・多拠点でもリアルタイムに情報を共有できるため、部門間の連携がスムーズになった。

・働き方が可視化され、残業時間に対するスタッフの意識も高まり、コスト削減ができた。

・社労士の方と共通の情報を確認できるので、コミュニケーションのミスが無くなった。

Q.5 ジョブカン勤怠管理を特におすすめしたい企業様はありますか?

バックオフィス領域のDX化を検討しているものの、何から始めてよいか不安を抱いている企業様や、さらなる業務効率化・コスト削減に向けて取り組んでいる企業様にご利用いただきたいと考えております。

ジョブカン勤怠管理は無料プランもありますので、ぜひお試しください!

「働き方を見える化」し、ジョブカンによる業務効率の変化を体感いただけるかと思います。

クラウドシステムに不慣れな方であっても、無料のサポートセンターがしっかりご支援させていただいていますのでご安心ください。

クラウドサービスの説明一覧へ