クラウドサービスに強い社会保険労務士の検索、
相談ができるプラットフォーム「社労士Station」

【特別インタビュー】クラウド給与計算システム  マネーフォワードクラウド給与

クラウド勤怠管理システム「マネーフォワードクラウド給与」について、サービス担当者様にお話を伺いました!

システムの強みや、開発で力を入れているところ、既存ユーザーから指示されるご理由など、お答えいただいています。マネーフォワードクラウド給与を初めて聞くという方はもちろんのこと、すでに検討中の方にもご参考にして頂ける内容です。

ぜひ、ご一読ください。

Q.1 マネーフォワードクラウド給与ならではの強み、特徴を教えてください

マネーフォワード クラウド給与ならではの強みは、大きく3つあります。


①自社内シリーズ同士、他社ソフトと連携可能

マネーフォワード クラウド勤怠」で自動集計したデータをワンクリックで「マネーフォワード クラウド給与」へ連携することにより、簡単に給与計算が完了します。また、他社の勤怠・人事労務管理ソフトとも連携が可能です。


②給与明細はWebで発行

従業員への給与明細や源泉徴収票はWebで発行。印刷や配布の手間を削減でき、ペーパーレス化/リモート化にも対応しています。


③複雑な社会保険や税を自動で計算

給与計算対象者を自動で判定し、複雑な各種保険料や所得税なども自動計算されます。正確かつ素早い給与計算が実現できます。


マネーフォワード クラウド給与で、給与計算に関わる多くの処理を自動化し、業務効率を大幅に改善。貴社の給与計算業務をもっと便利にかんたんにします。

Q.2 開発やデザインで注力されていること、気をつけているポイントはありますか?

給与システムの利用者は人事労務担当者がメインとなりますが、給与明細確認などで従業員も利用します。そのため、初めて見る画面であったとしても迷いなく必要情報に辿り着けたり、業務を進められるように、導線設計や情報配置にも気を配り開発しています。

また、業務をスムーズに完了させられるように、業務の流れを考慮した UI/UX を意識しているところもこだわっている開発ポイントになります。


マネーフォワード クラウドは各サービスが単体で存在しているため、複数サービスをご利用いただいている企業様も多くいます。そのため、サービスをまたいだ一連の業務もスムーズに完了できるように、サービス同士の連携性の向上にも注力しています。


開発する上で最も大切にしている情報は、お客様からいただくフィードバックです。様々なお声を集めるためにアンケートなども実施し、いただいたお声を率直に受け取り開発に活かしています。今後もお客様視点を重視して開発を行っていきたいと思っています。

Q.3 どのようなお悩みをお持ちの企業様が導入しているのでしょうか。

ひとことで表すと「人事労務業務の効率化」です。

時間的、金銭的改善は、コスト削減効果をもたらします。企業にとって欠かすことのできないバックオフィス業務は、それ自体で利益を生み出せるわけではないため効率化が求められます。

給与システムの導入で、給与明細が電子化され毎月の印刷が不要に。配布の手間もなくなります。また、勤怠管理や労務管理など外部システムと連携することによって、人事労務業務に費やされる時間を大幅に短縮できる可能性もあります。

我々マネーフォワードは、人事労務の日々の複雑な業務からムダな作業をなくし、クラウド化による業務変革を実現したいと思っています。

Q.4 導入企業様、労務担当者様からの実際のお声や、エピソードを教えてください。

◆従業員270名の労務管理をクラウド化。全社の作業時間を「1,500時間削減」


<課題>

担当者3名で、2拠点270名分のバックオフィス業務を行っています。マネーフォワード クラウド給与の導入以前は、給与計算はインストール型、勤怠管理は自社制作ソフトを使用。インストール型ソフトは、税制変更のたびにアップデートが必要で新たなコストや作業時間が発生し、実業務とは関係ない負荷がかかっていました。 またインストールしているPCでしか利用できず、業務範囲が狭まることも課題の1つでした。

また、自社制作の勤怠ソフトでは業務が属人化したり、工場勤務などの多様な労働形態に対応する必要があったりと、管理が煩雑になっていました。


<導入検討>

マネーフォワード クラウド給与は、給与計算や年末調整がペーパーレスで完結するだけでなく、過去分を含めたWeb給与明細をPC・スマホで確認することができます。従業員側の利便性も上がります。また勤怠管理や労務管理、タレントマネジメントといった多数の外部サービスとの連携にも対応していたため、各サービス間の情報をスムーズに連携できる点が選定理由です。

(労務管理は「オフィスステーション」、勤怠管理は「KING OF TIME」を導入)


<導入後成果>

各システム導入後は、業務フローの整備とサービス間の連携により、全社で約1,500時間の業務効率化を実現しました。

大きな変化としては、年末調整もペーパーレス化でき、全従業員に向けた書類の配布や、細かい内容の記入などを手作業で行ってもらう必要がなくなったことです。

もちろん管理側の手間も減りましたが、従業員の喜びも大きく、やはりバックオフィス業務を刷新して良かったなと感じています。給与明細を紙で配布するための作業や、紙を見ながらの入力作業などが“やらなくていい業務”となり、作業量は大幅削減されました。

もう導入前の世界には戻れません。

※導入事例の詳細は、こちらの「マネーフォワードクラウド給与の導入事例」をご覧ください。

Q.5  マネーフォワードクラウド給与をご検討中の方にメッセージをお願いします。

マネーフォワード クラウド給与は、企業の人事労務担当者さまおよび社会保険労務士/税理士など、幅広い方々にご愛顧いただいています。

このようなお悩み・ご要望のある方は、ぜひマネーフォワード クラウド給与をお試しください。

給与計算からweb明細発行、振り込みまでを効率化したい

従業員数が100名を越えてもミスのない給与計算を実現したい

現在お使いの給与ソフトに課題を感じている

今よりも効率的に給与計算を行いたい

現在活用しているバックオフィス関連のクラウドサービスと連携したい


マネーフォワード クラウド給与は、1ヶ月無料でお試しいただけます。実際に触っていただき、使い勝手や操作性などをぜひお確かめください。

クラウドサービスの説明一覧へ