クラウドサービスに強い社会保険労務士の検索、
相談ができるプラットフォーム「社労士Station」

【特別インタビュー】HRMOS(ハーモス)勤怠

勤怠管理システム「HRMOS(ハーモス)勤怠」について、IEYASU株式会社 代表取締役 川島寛貴 様にお話を伺いしました。

システムの強みや、開発で力を入れているところ、既存ユーザーから指示されるご理由など、お答えいただいています。HRMOS勤怠を初めて聞くという方はもちろんのこと、すでに検討中の方にもご参考にして頂ける内容です。

ぜひ、ご一読ください!

____________________________

プロフィール

「HRMOS勤怠」は、打刻機能・勤怠管理レポートなどが利用できるクラウド型の勤怠管理システムです。中小企業における勤怠管理業務は、手書きの出勤簿やタイムカード、「Excel」等の表計算ソフトで管理されているケースが多くあります。企業は「HRMOS勤怠」を導入することで、勤怠管理業務の負荷を軽減するだけでなく、勤怠データを可視化し、組織や従業員の働く時間の把握や分析を行えます。なお、HRMOS勤怠の有料プランはすべての機能を全社で3,800円〜⁄月(税抜)※1で利用でき、累計40,000社※2が活用しています。直感的に使える操作性や、低価格で多機能であることなどから、勤怠管理クラウドサービスのユーザー評価で1位を獲得しています※3。

※1 利用する従業員数によって料金が変わります。

※2 2022年4月末時点

※3 DXbase「在宅勤務対応!おすすめ勤怠管理サービスベスト17・完全マップ」

調査名:「経費精算クラウドと勤怠管理クラウド」に関する調査 調査期間:2020年1月

(ユーザー評価1位の「IEYASU」は、2022年2月に「HRMOS勤怠」にリニューアルして提供しています)

____________________________

Q.1 HRMOS勤怠ならではの強み、特徴を教えてください。

他社様のサービスと比較した場合、こちらの3点をHRMOS勤怠の強みとしてご紹介させていただいています。

まず、「安いこと」です。

HRMOS勤怠の最大の強みは、「安さ」です!初期費用・月額費用0円の無料プランでは、「打刻」「CSV出力」「レポート」などの勤怠管理システムの基本機能を、人数や期間に制限なく利用することができます。

初期費用0円・月額料金3,800円/月〜の有料プランでは、「有給休暇の自動付与機能」「勤怠アラート」など、より便利な機能を利用できるようになります。有料ではありますが、1名あたりで換算すると100円前後の低価格で提供しています。

次に、「完全スマホ対応」。勤怠アプリをご用意しているため、「打刻」「勤怠確認・修正」「勤怠の申請・承認」「日報記入」「給与明細確認」等の操作は全てスマートフォン上から操作できます。

最後、三点目は「使いやすさ」です。

勤怠管理の機能に特化し、画面をシンプルかつ論理的で分かりやすいよう設計しているため、お客様から「使いやすい」とご好評をいただいております!

Q.2 開発やデザインで注力されていること、気をつけているポイントはありますか?

勤怠管理システムは、多様な労働形態や変化する法律に対応するための、機能改修や追加開発が必要です。しっかりとそこに対応していく、ということは当然ながら気をつけています。

加えて、「全従業員が利用する」システムでもあるため、追加開発する際は、操作の分かりやすさ・画面の見やすさに留意しています。画面をシンプルにし、論理的で分かりやすく直感的に操作ができるように設計しています。

その甲斐あって、「画面がわかりやすく使いやすい」「直感的に操作できるためか社員に使い方を詳しく説明をしなくてもすんなり浸透した」「ご高齢の方でも問題なく利用できた」等のありがたいご意見をいただいております!

Q.3 HRMOS勤怠では、どのような課題を解決できるのでしょうか?

まず、タイムカードやExcelなどのアナログな勤怠管理には、多くの課題があります。

例えば、データ転記や集計作業に時間がかかる、月中に勤務状況を確認できない、テレワーク非対応、データ保管に手間がかかるなど・・・ 。

こういった課題は、HRMOS勤怠を導入することによって、すべて解消できます。

「システム化はしたいが、踏み切れずに現状のまま運用している」

このようなお悩みをお抱えであれば、まずは「無料」で利用できるHRMOS勤怠をお試しください!

また、現在利用している勤怠管理システムに不満やお悩みがある場合も、一度HRMOS勤怠をご検討いただきたいです。

1,000社以上のサポート経験から培った、「人事・労務の専門ノウハウ」が詰まった勤怠管理システムです。

基本的な勤怠管理機能はもちろんのこと、「1ヶ月・1年単位の変形労働時間制」、「出勤率に応じた有給休暇自動付与」などの勤怠管理に対応した細やかな機能も備えています。

すべての機能はこちらではお伝えしきれませんが、まずはHRMOS勤怠をお試しください!

Q.4 導入企業様、労務担当者様からの実際のお声や、エピソードを教えてください。

では、お客様からいただいたお声をお伝えします。

先程お話したように、HRMOS勤怠には様々な機能がありますが、どのようなことができるのかイメージいただければ幸いです!

◆新型コロナウイルスへの対応が迫られた際、利用していたシステムではテレワークに対応できず、新しいシステムを探していました。HRMOS勤怠では勤務区分を使い分けることによってテレワークにも時差出勤にも対応できたため、大変助かりました。

◆当社は労働基準監督署から是正勧告を受けたため、急遽勤怠管理システムを導入することになりました。できるだけコストを抑えつつ、今すぐに導入できるシステムを探していたところ、ハーモス勤怠を見つけ導入しました。お陰様で、無事に是正勧告を乗り越えることができました。

◆以前は、タイムカードで管理していましたが、インクリボンが廃盤になってしまったことをきっかけに勤怠管理システムを検討していました。HRMOS勤怠は無料でしたので、「やってみてなじめなかったらまた元に戻せばいいし、とりあえずやってみよう」と気軽に導入してみました(現在はICカード打刻で運用中)。

従業員にとっては、カードをガチャンとやるか・ピッとやるかの違いのみで対応が可能。また、管理者側としては勤務状況を一目で確認でき、月次集計も自動化されるため、管理側の負担は格段に減りました。

Q.5 HRMOS勤怠を特におすすめしたい企業様はありますか?

HRMOS勤怠は、初期費用・月額費用0円で利用できる無料プランをご用意しております。こちら、登録人数や利用期間に制限はありません。

また、有料プランについても1ヶ月間無料でお試しいただけるトライアル期間を設けております。

このようなお悩みやご要望があれば、一度ハーモス勤怠を「無料」でお試しください!

もちろん、お悩みが解消できなければ、無料のままご解約いただくことも可能ですのでご安心ください。

・ タイムカード・Excel等のアナログな勤怠管理から卒業したい

(集計作業に時間・人的コストがかかりすぎる/リアルタイムな勤怠管理ができない等)

・ 現在利用している勤怠管理システムに不満がある

・ 勤怠管理システムのコストを削減したい

・ 法令遵守を重視(労働基準法に対応した残業管理レポートや勤怠アラートもあります)

・ 労働基準監督署からの指導・是正勧告に対応中の方

(実際に是正勧告を受け、ハーモス勤怠を導入されたお客様もいらっしゃいます)

【HRMOS勤怠様からの告知】

2022年夏に「ハーモス年末調整(仮)」という新しい機能のリリースを予定しております。

■機能概要

年末調整を作成するために必要な各申告書の「作成」「収集」「管理」と、「給与計算システム連携用データ出力」ができるようになります。

●申告書収集~保管までをペーパーレスで業務が完結

●提出状況、作業進捗を一覧で管理

●給与計算システム連携用 csv出力

※「年税額計算」「源泉徴収票作成」「市区町村・税務署への書類の提出」はできません。

■期待できる効果

【従業員メリット】

・質問に回答するだけで申告書が自動作成されるため、知識がなくても安心。

・WEB回答のため、提出のための出勤や郵送の手間も省略。

【管理者メリット】

・在宅での作業が可能に。

・記入ミスが大幅に減り、チェックにかけていた時間を削減できる。

・申告書の並び替え、ファイリング等、紙で発生していた作業は一切不要。

・提出状況管理、申告内容の修正依頼等もシステム内で完結。

■価格

無料(ハーモス勤怠 無料プランのお客様もご利用いただける予定になっています)

■リリース時期

2022年 夏 対応予定

クラウドサービスの説明一覧へ